農業をはじめた動機

ごく普通の生活を送っていた30年間。
小学校6年間は野球に打ち込み、中学・高校は陸上を一生懸命頑張った。
大学は友人とバンドを組み、ライブやCD制作を行った。
仕事は食品スーパーの店員から理学療法士に転職をした。

どれも一生懸命頑張った、それは財産。結果もある程度出した。
しかし、どれも「好き」とは言えなかった。
このまま安定した生活で終わるのも悪くない、でも・・・
何か引っかかる、モヤモヤした日々を過ごしていた。


沢山、試した。行動した。
その中で、自分の強みを探し続けた。
センスも才能も感じた事はなかったが、真面目に、地道にコツコツと行う事は好きだった。野球や陸上もやっていたこともあり、体力には自信があった。パソコンスキルもそこそこ。接客業もやっていた事もあり、人当たりはそれなりに良かった。
自分には何が向いているのか、何に「情熱」を傾けるのか?
試した結果、行動した結果、見たもの  それが・・・・農業だった。

その後の人生は楽しく、いきいきと生きられるようになった。
情熱をかけられるものが見つかった時の人はこうも、変われるものなんですね。

これを一生の仕事に出来れば、
後悔なく、生きることが出来そうです!!